映画館で映画を見よう。

映画は映画館で見るといいものがあります
最近では映画館で公開された映画でも、すぐに地上波のテレビで放送されたりするので、わざわざ映画館まで観に行かないことも多くなりましたが、でも、映画館で見るとその迫力で、映画館まで来てよかったな、と思う映画が多くなっています。
家のテレビ画面だけでは表現できないダイナミックな画像が映画館では見られてすごいな、と思うことが多いのです。
映画館では上映される前にコマーシャルがありますが、それも近日上映の予告編などがあって、思わずその作品も見てみたいな、と思うことがあります。
私は主に洋画を映画館で見ますが、英語がわかるので、英語の作品の場合は字幕を見なくても映画を楽しむことができます。
だけど、字幕は出ているとつい、読んでしまうものなのです。
それで、実際に言われていることと、字幕にちょっとした温度差を感じたりするのですが、そこは短時間で読まなければならない字幕なので仕方がないことなのだろうな、と思います。
最近では字幕と吹き替えのどちらかを選んで見ることができるようになっていますが、私はやっぱり字幕のほうがいいと思います。俳優の声って個性があるので、それが消えてしまうのはとても残念なことですし、雰囲気が変わってしまうのです。